Sadahのfootball記

いちサッカー好きによるサッカーの観戦録、見聞録

カタールのここがやばい

日本が決勝進出を決めた次の日、

もう一方の準決勝、カタールUAEの試合が行われました。

勝ったのはカタール

UAEのサポーターがやべぇやつらだったのは置いておき

カタールが4-0の快勝で勝ち上がり、決勝のカードは

日本対カタールとなりました。

f:id:takuwowow:20190130174519j:plain

 

ということで今回はカタールがどんなチームかというのを

かるーく紹介していこうと思います。

 

まずはカタールのストロングポイントですが、

奪ってからのカウンターが素早く、前線のスピードのある選手を使い

迫力ある攻撃を展開します。

二列目から駆け上がってくる選手も多く要注意です。

カウンターケアをいかにできるかが一つの鍵といえそうです。

また、全体的にボールの扱いに優れています。

センターバックの攻撃参加、ビルドアップの精度も非常に良いです。

引いた相手に対してコンビネーションで崩したり

狭いところでもドリブルで打開できる選手もいます。

スピードだけだと侮ってしまうと、痛い目に合うかもしれません。

 

しかしながらウィークポイントも存在するのではないかと考えています。

まずはセットプレーの面です。

全体的に高さのある選手があまりいません。

そのうえPA内でのディフェンスの付き方がちぐはぐな部分があると思います。

マンマークで対応するのかゾーンで対応するのか

実際先日のUAE戦では、何度もCKから合わせられていて

あわやというシーンが数回ありました。

日本の柴崎のプレースキックの精度はかなり高いものがあると思うので、

ここをうまく突いていけるのではないでしょうか。

また、ディフェンス面でもう一つ。

1対1でやや淡白な対応をしてしまうケースがあります。

インテンシティにおいて日本に分がある気がするので、

ドリブルを用いた攻撃が有効になってくるのではないでしょうか。

仕掛けの部分では堂安選手に期待したいところですが、

マッチアップするであろう3番のハサン選手は

驚異的な身体能力があり、カタールでは例外的に

フィジカル強度の高い選手なので苦戦を強いられるかもしれません。

 

 

要注意プレイヤー

  • アブドゥルカリーム・ハサン

カタール出身の25歳でサイドバックの選手です。主に左サイド。

所属クラブはカタールのアルサッドですが、昨シーズンは

日本人の豊川雄太選手が所属するベルギーのオイペンに

レンタルで所属していました。

また昨年のアジア年間最優秀選手です。

先ほど名前をあげましたが、身体能力がずば抜けて高い選手です。

サイドバックを主戦場としていますが

時にはFWのようなポジションをとることもあり

超攻撃的サイドバックです。

バイタル中央からディフェンスラインの裏へ

プルアウェイで抜け出すという、まさにストライカーのような

動き出しをもっているためマークがつきにくいと思われます。

迫力満点で大変危険な選手です。

しかしながらハサン選手が上がったスペースをうまくついて

カウンターに結び付けることも可能だと思うので、

マッチアップする酒井選手、または室谷選手との攻防が

見ものになってきます。

f:id:takuwowow:20190130174555j:plain

 

  • アクラム・アフィーフ

カタール出身の22歳でポジションはウイングの選手です。

所属クラブはスペインのビジャレアル、今シーズンは母国アルサッドに

レンタル移籍しています。

ユースからセビージャ、ビジャレアルと渡り歩いたことから

実力は折り紙付きではないかと思われます。

どんな選手かというと、とにかくアジリティの優れた選手です。

多彩な足技はあまり見かけませんが

テクニックがないわけではなく

その上シンプルな縦への突破がかなり速いため

ぶち抜かれてしまう可能性もあります。

サイドで起点を作られてしまうと押し込まれる展開に

なってしまうため、なんとか対応したいところですが

不安があります。

マッチアップするかもしれない富安選手は先日のベトナム戦で

対峙した10番のグエン・コン・フオン選手に、

かなり手を焼いていました。

同じようなスピードのあるドリブラータイプの選手なので

ここはかなり気を付けなければいけないでしょう。

弱点があるとすれば、

フィジカル面での強度があまりないので

うまく体を当てて対応したいところです。

f:id:takuwowow:20190130174614j:plain

 

  • ハサン・アル=ハイドゥース

カタール出身の28歳で攻撃的なポジションであれば

流動的にどこでもこなせるプレイヤーです。背番号10を背負っています。

所属クラブはこちらもアルサッド。

今大会のメンバーの中ではベテランに属します。

キャプテンと10番を背負っていますが、そのプレーは

前線から献身的なチェイスができる選手で、

豊富な運動量でピッチの様々なところに顔を出すことができます。

また足元の技術もなかなかのものがあり、

チャンスメイク能力に優れています。

ハイドゥース選手がボールを持った時、

出し手をフリーにさせないように素早くプレスをかけることが

重要となってきそうです。

しかしながらハイドゥース選手も

フィジカル的に強い選手ではないので、

1対1でしっかり体を使い対応したいところです。

f:id:takuwowow:20190130174707j:plain

 

  • アルモエズ・アリ

一番やべぇ選手です。スーダン出身の22歳でポジションは

センターフォワードですが、時間帯によってはポジションを下げる

器用さを持っています。

所属クラブはカタールのアルドゥハイルSCです。

すでにアジアカップ歴代最高得点者のアリダエイに並んで

8得点をあげています。

今大会で市場価値が10億円以上にもなったとされ

グループステージでの試合では、

解説していたあのモウリーニョが絶賛していました。

プレーについてですが、得点のバリエーションが豊富です。

ワンタッチシュートやドリブルでエリア内に抜け出してからのフィニッシュ、

ミドルシュートもいいものを持っています。

試合を通して消えている時間もあるのですが、

ここぞという場面でしっかり決めてくるあたり

生粋の点取り屋気質といえるのではないでしょうか。

ドリブルの技術にも目を見張るものがあります。

特に先日のUAE戦でのゴールは、

アリ選手の能力が存分に発揮されたゴールでした。

バイタルエリアでボールを受けたアリ選手は

左サイドに広大なスペースがあった中、

あえてゴールに向かって狭いスペースにドリブルを開始します。

UAEの選手が3人寄せにきますが、巧みにシュートコースを作り

右足で巻くようにカーブをかけたシュートを放ちます。

狙いすました一撃は大きく曲がり、相手GKが触れることができず

ファーポストに当たりながらゴールイン。

素晴らしいゴールであったとともに

アリ選手が自分のドリブルとシュートの技術に

相当の自信を持っているのだろうなと思いました。

身長も高く、体の強さもそれなりにあるため

弱点らしい弱点はあまり見つからないです。

基本ですが90分間集中を切らさず対応していくことで、

何とか守り切れるかもしれません。

ざっくりですみません。

f:id:takuwowow:20190130174735j:plain

 

 

思ったより長くなってしまいました(笑)

6試合で16得点無失点という最高の出来で

ここまで勝ち上がってきたカタール

強敵とはいえ決勝にふさわしい相手ではないでしょうか。

要するに何が言いたいかというと

とにかく優勝してくれ~

 

 

 

2018 adidas サッカー日本代表 HOME レプリカ ユニフォーム 半袖/ユニフォーム

価格:9,709円
(2019/1/30 17:48時点)
感想(1件)

 

 

【予約ECM32】【SALE】【国内未発売】カタール代表 ホーム 半袖 スタジアムシャツ【16-17/アジアカップ/Qatar/サッカー/ユニフォーム】

価格:5,400円
(2019/1/30 17:48時点)
感想(0件)